住宅・リフォーム.comいい家作りの基本住宅工法の基礎知識

住宅工法の基礎知識

木造軸組工法

 この工法は、柱や 梁などの軸材を組んで骨組みを構成する軸組 工法に、耐力壁としてのパネルを組み合わせ てつくる建て方です。

 軸材と軸材の間に耐力壁の 役割を果たすパネルを張り付けるため、強度は一段と増し、地震や台風などによる外圧 に対して、より頑丈な構造体をつくりあげる ことができるのが大きな特徴になっています。

 軸組工法の良さの一つである高い設計の自 由度を生かしながら、パネルによる壁式工法の長所でもある高い気密性の住まいも実現してくれます。

 この工法に使われるパネルも高性 能化・多機能化が進んできており、それが住 まい全体の性能アップへとつながっています。

木質パネル工法

 この工法は、柱や梁などの軸材を組んで骨組みを構成する軸組工法に、耐力壁としてのパネルを組み合わせてつくる建て方です。

 軸材と軸材の間に耐力壁の役割を果たすパネルを張り付けるため、強度は一段と増し、地震や台風などによる外圧に対して、より頑丈な構造体をつくりあげることができるのが大きな特徴になっています。

 軸組工法の良さの一つである高い設計の自由度を生かしながら、パネルによる壁式工法の長所でもある高い気密性の住まいも実現してくれます。

 この工法に使われるパネルも高性 能化・多機能化が進んできており、それが住まい全体の性能アップへとつながっています。

 


2×4工法

 北米で発達・普及した工法です。断面寸法が2インチ×4インチの基本材で枠組をつくり、それに構造用合板を張ってパネル化にしています。

 このパネルを耐力壁として用いることから枠組壁工法とも言います。洋風様式に適しており、部屋構成も洋室中心です。

 なお、断面寸法が2インチ×6インチの枠材を使うツーバイシックス工法もあります。また、2×4工法でユニット化し現場で組み立てるプレハブ方式のツーバイフォーユニット工法もあります。

 


鉄骨軸組工法

 メーカー住宅では最も多い工法で、木造軸組工法の骨組みを鉄骨に置き換えた工法です。

 安定した工法で、間取りや外観にも比較的自由がききます。価格幅の広さも特徴のひとつです。


鉄骨ユニット工法

 水回り、居室などを箱型のユニットとして工場で生産し、これらの組み合わせで1戸の住居をつくる工法です。

 ユニットは工場ラインで作られるため、くるいが少なく短工期で住まいが完成します。


コンクリートパネル工法

 鉄骨軸組構造に軽量気泡コンクリートパネルを組み合わせた工法です。

 断熱性、耐火性のほか、内外の遮音効果も高く、騒音の多い都市部でも、快適な居住環境が得られます。


鉄筋コンクリート造

 耐火性・耐震性・耐久性に優れた鉄筋コンクリート造の家は、形状にかなりの自由がきき、個性的な外観を求める人に最適です。

 ただし施工が複雑で工期が長いのが難点です。 



Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved