住宅・リフォーム.comいい家作りの基本高性能住宅基礎知識

高性能住宅基礎知識

 高性能住宅とは気密性、断熱性、耐震性、耐久性などに優れた住宅のことを指します。従来の住宅と比較して快適に暮らせるさまざまなメリットがあります。どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

1年中温度差が少なく快適に暮らせる

 「夏や冬、トイレや廊下、脱衣室など冷暖房をしていないところが夏は暑く、冬は寒いのは当たり前」。そう考えていませんか。『少し我慢をすればそれで済むからいい』かと言うと、実はそうではないのです。

 例えば、冬です。暖房している居間と暖房していないトイレなどは極端な温度差があります。

 暖かい居間から出て、寒いトイレで用を足したりする時などは、心臓に急激な負担がかかり、脳溢血や心筋梗塞などの循環器系疾患を誘発することがあります。

 この急激な温度差による身体への負担をヒートショックといいます。特にお年寄りにとってはこの温度差は負担となります。

 高性能住宅は、家全体の気密性・断熱性を高めて、外気の暑さ寒さの影響を最小限にとどめる事により、こういった部屋間の温度差を抑え、家中を常に快適な環境にすることができます。

保温性が高く、優れた省エネ性を発揮する

 高性能住宅は、家全体の気密性・断熱性を高めていますので、室内の熱を逃がしにくく、外気温の影響も受けにくくなっています。つまり保温性が高いので、非常に効率の良い冷暖房で家中の快適温度を実現できるのです。

 冷暖房効率が高い、つまり省エネルギーで快適な環境をつくることができるのです。

地震や台風にも強く、安心で長持ちする

 今度建てるなら、地震が起きても大丈夫な家にしたい。阪神大震災以降、地震に強い家が求められています。高性能住宅は耐震・耐久性能に優れています。

 構造上、十分な強さをもっていますので、地震や台風に強く安心です。また壁体内結露が発生しにくい構造になっていますので、大切な住まいが長持ちします。

清潔な空気で結露がしにくい健康快適生活

 計画的に換気をすることで、いつも健康的な新鮮な空気の中で快適に暮らせるのも、高性能住宅の特徴です。例えば、気になるホルムアルデヒド対策。

 計画換気をしていれば、室内の汚れも外に排出しますので、健康的な環境をつくることができます。また、防露性能に優れていますので、冬の朝でも不快な結露の発生を抑えられます。

 高性能住宅ならより健康で快適な生活を実現します。

安心して高性能住宅をつくるには

 そうはいっても、高性能住宅って何を見ればわかるのでしょうか。住まいにはいろいろな性能を現わす性能値があります。

 優れた性能値は住まいの快適性につながります。ここでは、住まいの性能を表すすときに使われる代表的な項目をあげて、簡単に説明をしましょう。

住まいの性能を数値で確認

項目 単位 説明
Q(キュー)値(熱損失係数) W/(u・K) Q値とは、住まいの内部から室外に逃げる熱が床面積当りどれだけあるかを表した数値。数字が小さいほど断熱性に優れています。
C(シー)値(相当隙間面積) /u C値とは、床面積1u当りの住まいの隙間を表した数値。 数値が小さいほど気密性に優れています。
λ(ラムダ)値(熱伝導率) W/(m・K) λ値とは、m当りの物体が熱を伝える度合いを表した数値。 数字が小さいほど熱が伝わりにくく優れています。
K(ケー)値(熱貫流率) W/(u・K) K値とは、各部位の1u当りの断熱性能をあらわした数値。数値が小さいほど熱を伝えにくく優れています。
上下温度差 定点での温度設定。
防露性能 熱伝導率が少ないほど、結露が発生しにくくなります。
R'(アール) 値(透湿抵抗) u・h・mmHg/g 発砲ポリウレタンの湿気の通しにくさの数値。 数字が大きいほど壁内結露の発生がしにくく優れています。
換気回数   建物の中の空気の入れ替わる回数


Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved