住宅・リフォーム.comいい家作りの基本住まいと換気

住まいと換気

換気はどうして必要なのでしょう?

 私たちのカラダや脳がきちんと働くためには、呼吸によって常に新鮮な空気を採り入れることが必要ですね。これは、住まいにとっても同じことです。

 ホコリや湿気、そして家具などから放出される有害物質ホルムアルデヒドなどが、住まいの空気を汚しつづけます。

 住まいとそこに暮らす私たちの健康のためには、この汚れた空気を追い出し、いつもキレイにしておく必要があるのです。

「呼吸」にも「換気」にも最適な回数があります。

 ところで、私たち人間にとって正しい呼吸の回数があるという話があるのですが、ご存知ですか。

 それは、1分間に15〜20回といわれています。深く呼吸ができ、酸素を体中にしっかり行き渡らせるのに最適な回数とのこと。

 実は、住まいの呼吸、つまり換気にも最適な回数があるのです。国土交通省の定める「次世代省エネルギー基準」適合住宅では、気密・断熱性能だけではなく、換気に関する基準も設けられています。

 それによると、空気環境を清潔に保つために、0.5回/時、つまり2時間に1回のサイクルで家全体の換気がなされることが、クリアすべき条件になっています。

 一日に換算すると計12回、住まいの空気がすっかり入れ替わる。それが、健康で快適に暮らすために必要な換気量の目安というわけなのです。

快適な空気環境を生み出すには?

必要な換気量

 必要な換気量は、居室ごとの窓をこまめに、一定時間開け閉めすることで確保できます。でも、単純に考えても1日に12回、それを実行することは大変です。

 そこで、家づくりの段階で窓の位置にひと工夫。とても効率のよい換気ができます。できれば居室ごとに窓は2面、部屋の対角線上に設定しましょう。

 スムーズな空気の流れにより大量の空気が一度に入れ換わります。同様に住まい全体として、各階ごと対角線上に窓を設定すると、風の通り道ができて大きな換気効果があります(開閉式の天窓を設けるのもよいですね)。

計画換気システム

 また、「計画換気システム」を自然換気と併用することも非常に有効です。機械的に強制換気をおこなうため、住まいにゆるやかな空気の流れをつくり、適切な換気量を維持することができるのです。

 日本の住宅は高気密で省エネ効果が高い。その分室内空気も汚れやすいから、充分な換気が大切なのです。ところで、発音にあまり腹式呼吸を使わない日本語を話す私たちは、呼吸が浅くなりがちなんですって。

 家も、私たちも「深呼吸」をこころがけ、いつまでも健康でいたいものですね。



Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved