住宅・リフォーム.com住宅を建設する支払い可能額を調べる

Step1 毎月いくら支払うことができるか調べてみましょう

 一般に、住宅ローンの返済期間は35年間といった長期にわたるため、返済終了まできちんと支払うことができるよう余裕をもった資金計画・返済計画を立てることが重要です。

 「住宅ローンはいくら借りられる?」ということを真っ先に考えてしまいがちですが、借りられるだけ借りて無理な資金計画・返済計画を立ててしまうと、将来、返済が困難になり、最悪の場合、せっかく手に入れた住宅を手放すことになってしまいます。

 そんな事態を招かないためにも、将来のライフイベントを踏まえ、「毎月○万円なら返せるけど、住宅ローンはいくら借りられるか?」と考えることが重要です。

 まず初めに、毎月いくら支払うことができるかを現在の家計収支をもとに確認してみましょう。

1.現在の家計収支を確認することから始めましょう

 例)Aさん家族の場合
  夫:会社員(37歳)、妻:専業主婦(34歳)、年収(手取り):600万円


Aさんの家計収支

(単位:円)
毎月 収入  夫(手取り月収) 400,000
 妻(手取り月収) 0
収入の計 400,000
支出  食費 80,000
 電気代 4,000
 ガス代 5,000
 水道代 3,000
 通信費 20,000
 被服費 20,000
 生活雑貨費 15,000
 趣味・娯楽費 20,000
 こづかい 50,000
 車維持費(ガソリン代等) 5,000
★駐車場代 15,000
★住居費(家賃、管理費等) 85,000
 住宅ローン以外のローン返済額 0
 教育費 0
 生命保険料 20,000
 その他の支出 0
支出の計 342,000
貯蓄(収入−支出) ★住宅取得のための積み立て 20,000
 ライフイベントに備えた積み立て 38,000
貯蓄合計 58,000
ボーナス 収入  夫(年間手取り) 1,200,000
 妻(年間手取り) 0
収入の計 1,200,000
支出  家電等の購入 200,000
 車維持費(税金、点検代等) 100,000
 旅行・レジャー代 250,000
 帰省代 150,000
 冠婚葬祭費 100,000
 その他の支出 0
支出の計 800,000
貯蓄(収入−支出) ★住宅取得のための積み立て 240,000
 ライフイベントに備えた積み立て 160,000
貯蓄の計 400,000

2.毎月支払うことができる金額はいくら?

 1で確認した結果のうち、毎月の支払に充てることができる金額は、「住居費」「駐車場代」「住宅取得のための積み立て(毎月)」の合計額である 120,000円となります。

 また、ボーナス月には「住宅取得のための積み立て(ボーナス)」の年間 240,000円がありますので、これを毎月分に回せば、20,000円を加えた 140,000円となります。

Aさんの毎月支払可能額

毎月の家計収支のみで見た場合
★駐車場代(注) 15,000
★住居費(家賃、管理費等) 85,000
★住宅取得のための積み立て 20,000
120,000

ボーナス時の家計収支を含めて見た場合
★住宅取得のための積み立て÷12 20,000
140,000

 ただし、この金額はあくまでも住宅取得前のものです。入居後は、住宅手当が支給されなくなったり、光熱費が増加するなど、収入と支出の内容が変化しますので、この金額はあくまでも上限金額と考え、全額を毎月の支払いに充てるのではなく、若干の余裕を持った計画にした方が安全です。

(ワンポイント)

 家計収支を確認する際には、節約できるものはないか、無駄遣いはないかも併せてチェックしましょう。家づくりを考えてから実際入居できるまでは数ヶ月から長い場合は数年かかることもあります。

 この間、節約したお金を貯蓄に回すことができれば、家づくりのための自己資金を増やすことができます。

 自己資金が増えれば、住宅ローン借入額を少なくすることができますし、逆に、増えた予算で、より広い土地を購入できたり、グレードの高い仕様や設備の家を建てることができます。



  資金計画の目安、土地購入費・建設費の目安を立てる   住まい方をイメージする   土地を探す、選ぶ、契約する   依頼先を探す、見積を依頼する、契約する   資金計画・返済計画を決める   設計内容を決める   住宅ローン手続きを行う   着工する   住宅の引き渡しを受ける、入居する   入居後の注意事項
Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved