住宅・リフォーム.com住宅を建設する土地売買契約時の確認

Step18 土地売買契約時のチェックポイントを確認しましょう

 重要事項の説明が終わるといよいよ契約です。売買契約書に署名・押印したら後戻りはできません。契約書をよく読んで内容を十分理解した上で署名・押印しましょう。

重要事項説明書と違いが無いか確認しましょう

 契約書には、重要事項説明書と同じ記載事項が多くあります。これらについては、重要事項説明書と照合し、違いがないかどうかをチェックすると良いでしょう。

売買契約書で特に注意すべきチェックポイント

代金支払時期、支払方法

 代金は、契約締結のときに手付金を支払い、残代金は引き渡しと同時に支払うのが一般的です。

売買面積

 登記簿面積と実測面積が違う場合に、どちらの面積で売買価格を算出するのかを定めるのが目的です。登記簿面積で算出した場合、後日、実測面積が確定した時点で差額精算する方法をとるか、とらないかが記載されます。

抵当権などの登記の抹消

 物件に、抵当権、根抵当権など第三者の権利が存在するときは、所有権移転時までに、これらの権利が抹消されることを記載しておく必要があります。

公租公課等の負担

 固定資産税や都市計画税は、毎年1月1日時点の登記名義人に課税されるため、年の途中で物件を取得した場合に負担をどうするのかを取り決め、記載しておく必要があります。

宅地建物取引主任者

 宅地建物取引業法上、売買契約書には宅地建物取引主任者が記名・押印することになっていますので、確認しましょう。



  資金計画の目安、土地購入費・建設費の目安を立てる   住まい方をイメージする   土地を探す、選ぶ、契約する   依頼先を探す、見積を依頼する、契約する   資金計画・返済計画を決める   設計内容を決める   住宅ローン手続きを行う   着工する   住宅の引き渡しを受ける、入居する   入居後の注意事項
Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved