住宅・リフォーム.com住宅を建設する住宅ローン以外の支払

Step2 入居後に支払うのは住宅ローン返済だけじゃない

1.税金などの費用を毎年支払う必要があります

 「家賃並みの住宅ローン返済で夢のマイホームが手に入ります」といった広告を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 しかし、新居に入居した後に支払うお金は住宅ローン返済だけではありません。住宅ローン返済以外にも固定資産税、都市計画税が毎年課税されます。また、団体信用生命保険に加入する場合は保険料を毎年支払う必要があることに注意しましょう。

 なお、これらの費用は、建設費や住宅ローン借入額によって異なります。詳しくはStep30で説明しています。

2.ライフイベントを念頭において考えましょう

 一般に、住宅ローンの返済期間は35年間といった長期にわたるため、子供の教育費による支出の増加、本人の定年退職など、将来のライフイベントを念頭において、資金計画・返済計画を立てることが大切です。

 共働きの夫婦では、2人の収入で住宅ローンを返済することができますが、将来、子供の出産・育児のために妻が退職する可能性もあり、2人の収入の限界まで住宅ローンを借りることは危険です。

 将来、子供を出産する計画があるのか、その場合、妻は仕事を継続できるのかを十分に考えた上で、住宅ローン借入額を決めましょう。

3.住宅の点検・補修費用が必要となります

 住宅は、竣工時をピークとして、時間の経過とともに性能が低下していきます。住宅を長持ちさせるためには、定期的に点検・補修する必要があり、そのための費用も必要となります。定期的な点検・補修のための費用を積み立てておくと安心です。

リフォーム時期の目安

部位 点検時期の目安 取替え時期の目安
水栓器具 1年ごと 10〜15年位で取り替えを検討
(3〜5年でパッキング交換)
給水管・排水管 15〜20年位で全面取り替えを検討
キッチンシンク、洗面設備
トイレ
ガス管
給湯器 10年位で取り替えを検討
浴室 10〜15年位で全面取り替えを検討
屋根 瓦葺き 5〜6年ごと 20〜30年位で全面葺き替えを検討
屋根用化粧スレート葺き 4〜6年ごと 15〜30年位で全面葺き替えを検討
金属板葺き 2〜3年ごと 10〜15年位で全面葺き替えを検討
(3〜5年ごとに塗り替え)
雨どい(塩化ビニル製) 7〜8年位で全面取り替えを検討
軒裏(軒裏天井) 15〜20年位で全面補修を検討
外壁 2〜4年ごと 15〜20年位で全面補修を検討

リフォーム費用の目安

工事区分 リフォーム費用
キッチン等給排水設備の改善工事 約172万円
トイレの設備改善工事 約 84万円
浴室の設備改善工事 約140万円
屋根のふき替え工事 約192万円
屋根・外壁等の塗り替え工事 約165万円
※国土交通省「平成15年増改築・改修等調査結果」より

4.毎月の住宅ローン返済可能額はいくら?

 Step1で毎月支払うことができる金額を、上記1〜3で住宅ローン返済以外にも支払いや積み立てが必要となることを確認しました。この差額が住宅ローン返済可能額となります。

Aさんの毎月返済可能額

毎月の予算(A) ★住居費(家賃、宿舎費等) 85,000
★駐車場代 15,000
★住宅取得のための積み立て(毎月) 20,000
★住宅取得のための積み立て(ボーナス)÷12 20,000
140,000
住宅取得後の毎月の支出(B) 固定資産税÷12か月(注1) 14,389
都市計画税÷12か月 3,667
団体信用生命保険料÷12(注2) 7,025
地震保険料÷契約年数÷12(注3) 0
住宅の点検・補修のための積み立て 20,000
45,081
毎月の住宅ローン返済可能額(A−B) 94,919

(注1)建物の税額軽減措置は適用していません(軽減期間が3年または5年のため)。
(注2)仮に、フラット35、借入額3,000万円、元利均等返済を利用した場合を想定しています。
(注3)加入する場合は、金額を計上する必要があります。



  資金計画の目安、土地購入費・建設費の目安を立てる   住まい方をイメージする   土地を探す、選ぶ、契約する   依頼先を探す、見積を依頼する、契約する   資金計画・返済計画を決める   設計内容を決める   住宅ローン手続きを行う   着工する   住宅の引き渡しを受ける、入居する   入居後の注意事項
Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved