住宅・リフォーム.com住宅を建設する住宅の構造・工法

Step20 住宅の構造・工法を理解しましょう

 住まいには、さまざまな工法があります。それぞれの工法には、一長一短がありますが、どの工法をとっても快適な住まいづくりは可能です。

 家族で望む家のイメージ、将来も含めたライフスタイルをよく考え、何を重視するかを決めることが重要です。住宅は構造材料や作り方によっていくつかに分類され、それぞれ次のような特徴を持っています。

木造

在来軸組工法

 現在の日本の住宅では最も一般的な工法で、鉄筋コンクリートの基礎の上に、柱と梁(はり)という垂直・水平の骨組みを組んで作ります。

 構造上重要な壁(耐力壁といいます)を除けば、窓などの開口部を自由につくることができ、間取りの自由度も高いという特徴を持っています。

枠組壁工法(2×4工法)

 断面寸法が2インチ×4インチを基本とする木材で枠(わく)をつくり、この枠に構造用合板という丈夫な板を釘で打ち付けパネル化し、このパネルを組み立てて大きな箱をつくるように建物を組み立てる工法です。

 寒さの厳しい北米生まれならではの高い気密性と断熱性、短い工期などが大きな魅力となっています。

鉄骨造

 強度、ねばり強さがある鉄の骨組みを用いる構造で、比較的厚みの薄い軽量鉄骨を使用する「軽量鉄骨造」と重量鉄骨を使用する「重量鉄骨造」に分類されます。専門の構造設計が必要になりますが、木造に比べて柱と柱の間隔を大きくとることができるので、大きな空間を確保することができます。

鉄筋コンクリート造(RC造)

 鉄筋とコンクリートが一体となった鉄筋コンクリートで建物を作る構造で、コンクリートを補強するという意味のReinforced Concreteの頭文字を取ってRC造といいます。

 現場で型枠を組んでコンクリートを打つので、どのようなかたちにも対応できますが、専門の構造計算が必要です。また、耐震性、耐火性に優れています。

プレハブ工法

 プレハブとはPrefabricatedから生まれた呼び名で、あらかじめ=「プレ」、工場で生産された=「ファブ(ハブ)」部材や、キッチンやバスなどのユニットを現場で建て込みます。

 構成する材料の種類により木質系、軽量鉄骨系、コンクリート系に分類されます。



  資金計画の目安、土地購入費・建設費の目安を立てる   住まい方をイメージする   土地を探す、選ぶ、契約する   依頼先を探す、見積を依頼する、契約する   資金計画・返済計画を決める   設計内容を決める   住宅ローン手続きを行う   着工する   住宅の引き渡しを受ける、入居する   入居後の注意事項
Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved