住宅・リフォーム.com住宅を建設する返済期間について

Step28 返済期間について考えてみましょう

返済期間を変えた場合のメリット・デメリット

 例えば、フラット35の場合、ローンの返済期間は最長35年です。

 しかし、あくまでも「最長35年」ですから、必ず返済期間を35年にする必要はありません。ご自分の支払い可能額、退職予定時期、自己資金の状況等を総合的に判断して、返済期間を決めれば良いのです。

 返済期間を短くすると、長くした場合に比べて、借入可能額は少なくなってしまうため、購入予算が少なくなるデメリットがありますが、反面、総支払い利息が少なくなるメリットがあります。

返済期間のみを短くした場合

借入額 金利 返済期間 毎月返済額 総返済額
1000万円 3.00% 35年 38,485円 16,163,350円
30年 42,160円 15,177,552円
差額 985,798円

毎月返済額が変わらないように返済期間を短くした場合

借入額 金利 返済期間 毎月返済額 総返済額
1000万円 3.00% 35年 38,485円 16,163,350円
913万円 30年 38,492円 13,857,092円
差額 2,306,258円

返済終了時期を考えましょう

 住宅を購入する時の年齢も返済期間を決める際の重要なポイントになります。

 仮に45歳の方が35年返済で住宅ローンを借りると返済終了は80歳となってしまいますが、年金生活に入っても住宅ローンを返済し続けることに不安を感じる方は少なくないと思います。定年退職後のライフプランも視野に入れ、返済期間を短く設定することを検討してみましょう。



  資金計画の目安、土地購入費・建設費の目安を立てる   住まい方をイメージする   土地を探す、選ぶ、契約する   依頼先を探す、見積を依頼する、契約する   資金計画・返済計画を決める   設計内容を決める   住宅ローン手続きを行う   着工する   住宅の引き渡しを受ける、入居する   入居後の注意事項
Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved