住宅・リフォーム.com住宅を建設するスケジュールの確認

Step7 スケジュールを確認しましょう

1.全体のスケジュールを立てましょう

 注文住宅を建てる場合、まず入居したい希望時期を決めて、それから逆算して着工時期や設計開始時期を決めるのが一般的です。

 新しく土地を取得する場合は土地を探す期間も必要です。Stage 3参照

 現在お住まいの住宅を建て替える場合は、仮住まいを探したり現在のお住まいを解体する期間もかかります。Step 10参照

 敷地が決まったら、建物にどのくらいお金をかけられるか、手持ち金や住宅ローンの条件を調べて資金計画を立てます。建物の予算が決まったら、家族の希望をまとめ、情報収集を行って、設計、施工業者を選びます。

 設計や工事に必要な期間は、業者への依頼の方法や住宅の工法により異なります。特に、お子様の学校の関係等で入居時期が決まっている場合は、当初から余裕を持ったスケジュールを立てて計画的に進めていく必要があります。

2.家づくりの方法によってスケジュールは変わります

 設計に必要な期間は、設計の頼み方や希望する条件によって差が出てきます。

 着工してから竣工するまでの期間は、プレハブ工法の場合は3ヶ月程度ですが、在来木造、ツーバイフォーは4ヶ月程度、鉄筋コンクリートの場合は5〜6ヶ月程度かかります。

 なお、着工時期によっては、天候(台風、積雪等)や休日(お盆、年末年始、連休)等の影響で工事に遅れが出ることも考えられますので、余裕を持ったスケジュールとしましょう。

まとめて依頼する場合

 注文住宅を建てる場合、工務店やハウスメーカーに設計と施工をまとめて依頼する方法が一般的です。

 業者選びの手間と時間が少なくて済み、設計と施工を同じ会社が行うので、標準的なプランを使って短期間で設計・施工を行うのに向いています。

別々に依頼する場合

 最初に設計事務所に依頼して設計をまとめ、その後に施工を工務店等の建設業者に依頼する方法もあります。

 この方法は、時間をかけて打合せをし、自分の納得のいく設計をまとめてもらうのに向いています。そのため、設計期間は4〜6ヶ月程度は必要です。

 また、設計がまとまった後に工務店に見積を依頼し、工事請負契約を結ぶ事になりますので、その分の手間と時間がかかりますが、工事費を専門家の目でチェックし調整することが出来ます。



  資金計画の目安、土地購入費・建設費の目安を立てる   住まい方をイメージする   土地を探す、選ぶ、契約する   依頼先を探す、見積を依頼する、契約する   資金計画・返済計画を決める   設計内容を決める   住宅ローン手続きを行う   着工する   住宅の引き渡しを受ける、入居する   入居後の注意事項
Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved