住宅・リフォーム.com住宅を建設する効率的な情報収集

Step9 効率的に情報収集しましょう

 土地や注文住宅に関する情報を集める手段としては、住宅情報誌、住宅関係の雑誌や書籍、新聞の広告や折り込みチラシ、インターネット、住宅展示場などがあります。

 これらを見ているだけでもかなりの情報を得ることができます。特に最近では、インターネットによる情報の検索が充実してきているので、非常に便利です。

住宅情報誌

 一度にたくさんの情報が得られます。物件の相場がわかり、予算を立てる目安になります。住宅のトレンドや住宅取得に関するノウハウも充実しています。しかし、印刷物であるため、情報の新鮮さでは、インターネットに劣ります。

住宅関係の雑誌・書籍

 大きな書店に行くと、住宅関係のコーナーがあり、様々な書籍が並んでいます。

 住宅取得の資金計画に関する本、土地・建物に関する法律や税金に関する本、最近の住宅の傾向(間取り、設備、性能等)を紹介した雑誌等の中から、自分の知りたい分野で分かりやすいものを選んで基礎知識を身につけましょう。

新聞広告・チラシ

 新聞広告・新聞折り込みチラシは、新聞を購読していれば手軽に入手できる情報です。新聞広告には、比較的大手の工務店の広告、新聞の折り込みチラシは地元工務店の広告が多いので地域が限定されます。

インターネット

 好きな時間にアクセスできるので便利です。情報が常に更新され、最新の物件・業者情報を得ることができます。

 膨大な情報の中から希望する条件にあった物件や業者を検索できたり、動画を使った物件紹介などがあるのでイメージをつかみやすくなります。

 また、建築用語の解説や住宅取得に関するノウハウを入手したり、メールで問い合わせることもできます。

住宅展示場

 住宅展示場では、数多くの物件を効率的に見ることができます。営業マンに話を聞き、後日施工現場に案内してもらうこともできます。住宅情報誌やインターネットに掲載されていない生の情報を得ることができます。

不動産業者

 土地を探すには、不動産業者に依頼する方法もあります。希望の条件を伝えておくと、該当するチラシをFAXで送ってくれたり、現地にも案内してくれます。



  資金計画の目安、土地購入費・建設費の目安を立てる   住まい方をイメージする   土地を探す、選ぶ、契約する   依頼先を探す、見積を依頼する、契約する   資金計画・返済計画を決める   設計内容を決める   住宅ローン手続きを行う   着工する   住宅の引き渡しを受ける、入居する   入居後の注意事項
Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved