住宅・リフォーム.com住まいのお手入れ外壁

外壁

モルタル

日頃のお手入れと注意点

 雨水や泥のはねあがりの汚れは、表面を傷つけない硬さのブラシなどで水洗いしましょう。
※基礎のまわりに、犬走り(*)・玉砂利を施すと防止できます。
 亀裂・褪色がないか点検しましょう。
  キッチン換気フードの周囲は、薄めた洗剤でこまめに洗い流しましょう。
(注)ベンジン・シンナーなどの溶剤は使用しないでください。

 (*)犬走り……建物のまわりに40〜60cm位の幅で建物を取りまくように、コンクリート打ち、レンガ敷き、砂利敷きした部分をいいます。

こんな時には適切な処置を

コケ・カビ 薄めた洗剤などを使って洗い流します。
小さな亀裂 市販の耐水性コーキング材を注入します。または、施工した工務店など専門業者に相談してください。
大きな亀裂 建物の耐久性を著しく低下させる恐れがあります。施工した工務店など専門業者に連絡してください。
褪色 通常3〜5年で塗り替えます。施工した工務店など専門業者に連絡してください。
フード下のがんこな汚れ アルカリ性の強い洗浄剤を使いタワシでこすったあと、水で洗い流します。
壁のはげ落ち・はずれ 施工した工務店など専門業者に連絡してください。

サイディング

日頃のお手入れと注意点

 雨水や泥のはねあがりの汚れは、表面 を傷つけない硬さのブラシなどで水洗いしましょう。
※基礎のまわりに、犬走り・玉砂利を施すと防止できます。
  キッチン換気フードの周囲は、薄めた洗剤でこまめに洗い流しましょう。
(注)ベンジン・シンナーなどの溶剤は使用しないでください。

 〈窯業・ALC系サイディング〉
シーリング材は、2〜3年ごとに点検しましょう。 〈金属系サイディング〉
さびがでていないか、3〜5年ごとに点検しましょう。 定期的に、接合部の緩みを点検しましょう。
※金属板または外壁本体の変形などにより、接合部の緩みが生じ、そのままにしておくと、雨漏りの原因となります。

こんな時には適切な処置を

窯業・ALC系

褪色 通常3〜5年で塗り替えます。施工した工務店、専門業者に相談してください。
割れ 破損した部分だけ、抜き取り交換します。
シーリング材の劣化 劣化したシーリング材をへらなどで取り除き、新しいシーリング材を充填します。

金属系

さび 劣化の度合いに応じて塗り替えます。施工した工務店など専門業者に相談してください。
変形 変形した部分を抜き取り、成型、交換します。施工した工務店など専門業者に相談してください。
緩み 雨漏りの原因となります。施工した工務店など専門業者に連絡してください。

板張り

日頃のお手入れと注意点

 雨水や泥のはねあがりの汚れは、表面を傷つけない硬さのブラシなどで水洗いしましょう。
※基礎のまわりに、犬走り・玉砂利を施すと防止できます。
  キッチン換気フードの周囲は、薄めた洗剤でこまめに洗い流しましょう。
(注)ベンジン・シンナーなどの溶剤は使用しないでください。
  乾燥状態を保つようにしましょう。

こんな時には適切な処置を

褪色

〈オイルステインの場合〉
被膜が弱く褪色が早くおこるので、色あせたと感じたら塗り替えます。
〈オイルペイントの場合〉
4〜5年ごとに塗り替え(表面にひび割れがでる前)

小さなひび割れ コーキング材で隙間を埋めます。
水をはじかない 晴天の続きそうな日に薄めたオイルステインを塗ります。
反り 工務店など専門業者にご相談ください。

タイル

日頃のお手入れと注意点

 雨水や泥のはねあがりの汚れは、表面を傷つけない硬さのブラシなどで水洗いしましょう。

こんな時には適切な処置を

カビ 薄めた洗剤などを使って洗い流します。
ひび割れ 建物の耐久性を著しく低下させる恐れがあります。至急、工務店など専門業者にご連絡ください。


Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved