住宅・リフォーム.com住まいのお手入れ板張り/ビニール系

板張り/ビニール系

板張り

日常のお手入れと注意点

  1. 熱いものを直接、置かないようにしましょう。
  2. 定期的にホコリやゴミを掃除して、乾拭きしましょう。
  3. 常に乾燥した状態にしておくことが大切です。水拭きはしないでください。 (注)水拭きすると、表面の保護膜がはがれて光沢を損なうおそれがあります。
  4. 水や醤油などをこぼしたときは、すぐに拭き取るようにしましょう。
    (注)ヨゴレ取りには、シンナー、除光液、塩素系洗剤、酸素系洗剤を使用しないでください(色落ちの原因となります)。
  5. 月に1回くらいは、ワックスがけをしましょう。
    1.床の汚れをよくとってからワックスを薄く延ばしてかけます。
    2.乾拭きを充分に行なってください。
    (注)多量に塗ると黒ずみの原因になり、また滑りやすくなり危険です。
  6. 床の間は、掃除の後に乾拭きしましょう。
    (注)専用ワックスの他、ぬかやお茶がらを乾燥させたものを入れた布袋で、磨く方法もあります。

こんな時には適切な処置を

汚れがひどい

1.薄めた住居用洗剤に雑巾を浸して、固く絞って拭きます。
2.十分に乾拭きをします。

小さい切り傷や引っかき傷

同色のマジックペン等を塗ってからワックスで磨きます。

床の小さいへこみ

パテかエポキシ系の充填材で埋めてから絵の具で着色します。

床の大きいへこみ

1.床材と同じ材質の板で埋木します。
2.埋木のスキ間は木工用パテで補修してください。

そり

縁甲板など無垢の単一材を使用したものは、そりが生じてもわずかであれば心配ありません(季節により乾燥収縮が起こっただけ)。

床鳴りがする、きしむ

長い間置いたピアノやタンスなど、重い家具を移動した後などでは、床鳴りやきしみが起こる場合があります。工務店など専門業者に相談してください。

ビニール系

日常のお手入れと注意点

  1. 固く絞った雑巾で拭き掃除をしましょう。
  2. コーヒーや醤油のシミやマジックペンの汚れなどは、すぐに拭き取りましょう。
    (注)表面から内部の発砲層にしみこむと、よごれが取れにくくなるので、その場で処理をしてください。
  3. 熱に弱いので、熱いものやタバコの火には注意してください。

こんな時には適切な処置を

クッションフロアのヨゴレ

  1. 中性洗剤をお湯で薄め、雑巾を浸しムラなく塗ります。
  2. 10〜20分してよごれが浮いたら、ブラシなどでこすり落とします。
  3. 固く絞ったタオルなどで、洗剤分を残さないよう拭き取ってください。
  4. 床が乾いたら、水性ワックスを2〜3度塗ります。


Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved