住宅・リフォーム.com住まいのお手入れ畳/カーペット/玄関床

畳/カーペット/玄関床

日頃のお手入れと注意点

  1. ほうきや掃除機での掃除は、たたみを傷めないように、たたみの目に沿ってします。
  2. 週に1度くらい乾拭きをしましょう。
    (注)水拭きは厳禁です(湿気を与えて変色を速め、たたみの寿命を縮めます)。
  3. 落ちにくい汚れは、たたみが早く乾くよう熱いお湯で固く絞った雑巾で拭きましょう。
  4. 縁の汚れは、消しゴムで落とします。
  5. たたみ表は、直射日光にあてないようにしましょう。変色を早めます。
  6. たたみの上にカーペットなどを敷かないでください。
    (注)ダニやカビの発生原因になるので好ましくありません。
  7. 1年に1度はたたみを干し、たたいてほこりを出すとともに、防虫剤を散布しておきましょう。
    (注)日光に裏面をあてます。
  8. 干した後は、元の位置に配置してください。
    ※たたみの寸法は、1枚1枚微妙に違っているものなので、配置が変わると隙間ができたりします。元通り配置できるように目印を付けておきます。
  9. たたみ表の取り替え目安は、2、3年で裏返し、さらに2、3年で新しく取り替えです。

こんな時には適切な処置を

汚れがひどい

1.住居用洗剤(酢でもよい)をぬるま湯で薄め、布を浸してかたくしぼり、たたみの目に沿って拭きます。
2.たたみの目に沿って数回の乾拭きをします。

へこみ

へこんだ部分に濡れたタオルを当て、アイロンをかけて直します。

インクのシミ

紙で吸い取ってから、牛乳でしぼった布で拭きます。

クレヨンのシミ

ガソリンをしみ込ませた木綿の布で拭きます。

ガム

シンナーまたはベンジンをしみ込ませた布で拭きます。

油のシミ

住居用洗剤をしみ込ませた布で拭いた後、酢やアルコールをしみ込ませた布で拭きます。

小さな焼きコゲ 消毒液をたっぷり含ませたタオルなどで、たたきながら脱色します。
大きな焼きコゲ 1.コゲた部分を切り取ります。
2.切り取った部分よりやや大きめのたたみの切れ端にアイロンボンドをつけます(たたみ屋さんから分けてもらうとよいでしょう)。
3.たたみの目に合わせて押し込んでください。
4.その上からアイロンをかけます。
縁の汚れ 1.古い歯ブラシに、水で薄めた中性洗剤をつけて軽くこすります。
2.蒸しタオルでたたいて乾拭きします。

カーペット

日頃のお手入れと注意点

  1. 電気掃除機は、カーペットの毛並みに沿ってかけましょう(毛足を傷めないため)。
  2. シミが付いたら、すぐに落とすように心がけましょう。
  3. 粘着ローラーを使って、電気掃除機で取りにくい毛髪や綿ぼこりなどを取りましょう。
  4. 月に1度くらい、市販のカーペット用洗剤で全体のクリーニングをしましょう。
    (注)掃除はカーペットを早く十分に乾かせるよう、天気の良い日に通風をよくして作業をしましょう。扇風機を利用するのも効果があります。
  5. 床から外せるカーペットの場合は、年に1度、半日くらい日光に当てて干しましょう。
    (注)裏から軽くたたいて、奥に入り込んだほこりを出してください。
  6. 少なくとも2年に1度は、専門のクリーニング業者に出すようにしましょう。

こんな時には適切な処置を

水溶性のシミ(醤油、ソース、コーヒーなど)

1.すぐに紙で吸い取ります。
2.中性洗剤を溶かしたぬるま湯で絞った布で拭きます。
3.最後にベンジンを浸した布で拭き取ってください。

油性のシミ(化粧クリーム、食用油、油性インクなど) 1.ベンジンを浸した布で拭き取ります。
2.中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸し、絞ったタオルできれいに拭いていきます。
ペットの尿 1.塩やクレンザーをたっぷりかけて、水分を吸わせて掃き集めます。
2.酢(臭いを消す効果)、または中性洗剤で絞った布で拭き取ってください。
ガムや米粒 取れない部分は、氷やドライアイスで固めてから叩いて砕きます。
卵のシミ 1.冷水(温湯は使わない)を浸した雑巾で拭き取ります。
2.おろし大根で拭き取ります。
血液 1.1リットルの冷水にカップ半分の塩を溶かした液を浸した雑巾で拭きます。
2.ぬるま湯で浸した雑巾で拭き上げます。
小さな焼きコゲ 1.使用しているカーペットの切れ端や、同色の毛糸を用意します。
2.焼け焦げ部分にゴム系の接着剤で、切れ端や毛糸を貼りつけます。
3.接着剤が乾いたら、毛先をハサミで切りそろえます。
へこみ 1.スチームアイロンの蒸気を当てるか、濡れタオルを当ててアイロンをかけます。
2.毛並みに沿ってブラッシングし、つぶれた毛を立たせて乾かします。

玄関床

日頃のお手入れと注意点

  1. 屋外からの砂や泥を掃除して、いつも清潔さを保つよう心がけましょう(玄関マットを置くと床の上に汚れが広がるのを防ぐことができます)。
  2. 1週間に1度は、ポーチの水洗いをしましょう。
    (注)寒冷地では、冬の水洗いは凍結のおそれがあるので避けます。
  3. 鉄平石・つや消しタイルは、月に1度、油性ワックスをかけましょう。
    (注)掃除して水拭きと乾拭きのあと、油性ワックスをかけましょう。
  4. ゆう薬タイルは、通常は水拭きと乾拭きだけでかまいません。汚れがひどいときは、たわしでこすり落としましょう。


Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved