住宅・リフォーム.com住まいのお手入れ浴室/バスルーム

浴室/バスルーム

浴室/バスルーム

日常のお手入れと注意点

浴槽

  1. お湯のぬくもりが残っているうちに、スポンジに石けんをつけて洗いましょう。
  2. 落ちにくい汚れは、風呂用洗剤か住まいの洗剤をスポンジにつけて落とし、よく水洗いをしましょう。 (注)タワシやクレンザーは、傷がつくので使用しないでください。 (注)ステンレス浴槽はキズに弱いので、掃除は特に慎重にしてください。

シャワー

  1. 全体を風呂用洗剤で洗いましょう。
  2. 穴詰まりは、ヘッドを分解して歯ブラシなどで目詰まりを取り、洗剤で洗い流しましょう。

排水口

  1. 目皿をはずしてゴミ、髪の毛を掃除しましょう。
  2. 2〜3ヶ月に1度、排水管用洗浄剤を流して掃除をしましょう。
  3. 詰まった場合、吸引カップで吸いあげましょう。

こんな時には適切な処置を

ホーロー浴槽の傷

1.サンドペーパーでサビを取って磨きましょう。
2.よく乾いてから、ホーロー補修剤を塗りこみましょう。
3.はみ出した部分を、固まる前に取り除きましょう。

タイル浴槽の水漏れ

1.目地のひび割れか抜け落ちが原因なので、その箇所を探してください。
2.ひび割れには、建物用防水材をふきつけましょう。
3.欠けている場合は、シリコン系充填剤を使いましょう。
※範囲が広ければ、目地セメントで塗りつぶすほうが、早くきれいに仕上がります。

ポリ浴槽の亀裂 エポキシ系接着剤を指で埋め込みましょう。
シーリングの劣化 1.劣化した部分を取り除きましょう。 2.汚れを落としてよく乾かしましょう。 3.シリコン系シーリング剤でシーリングしましょう
注)ユニットバスの場合の補修は、専門技術が必要なことが多いので、メーカー、工務店などに相談してください。

浴室(壁・天井・床・他)

日常のお手入れと注意点

  1. 天井は水洗い。汚れたときは、住まいの洗剤を使いましょう。 (注)水洗いの際、照明器具に水をかけないように注意してください。
  2. 床、壁は風呂用洗剤を吹きかけ、ブラシでこすって汚れを落とし、水で洗い流しましょう。
  3. 使用後は換気を十分に行いましょう。

こんな時には適切な処置を

カビ

1.カビとり剤を吹きかけ、10〜15分おきます。
2.ブラシでこすって汚れを落とし、水で洗い流してください。
3.最後に乾いたタオルで乾拭きします。

タイル目地のひび割れ エポキシ系接着剤か、カビ止め兼用の目地用塗料を塗ります。
タイル目地の欠落 1.欠けている目地の周辺をはぎ落とします。 2.汚れを落とし、よく乾かします。 3.タイル用ホワイトセメントやシリコン充填剤で埋めます。
タイルのはがれ 1.同じ大きさ、色・柄のタイルを買ってきます。
※ はがれたタイルが使えるときは、裏のモルタルなどをきれいに落とします。
2.はがれた箇所のモルタルを削り落とします。
3.タイル・コンクリート用接着剤をタイルの裏に塗り、押しつけるようにして貼ります。
4.ガムテープで止めるなどして一日おいてください。
5.目地部分の補修をします。
注)ユニットバスの場合の補修は、専門技術が必要なことが多いので、メーカー、工務店などに相談してください。

Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved