住宅・リフォーム.com家作りのポイント住んでから分かる性能の良し悪し

住んでから分かる性能の良し悪し

 近年特に木造住宅の性能は良くなりました。昔の家は「夏暑くて、冬寒い家」が常識でした。その為、夏はエアコンをガンガンかけ、電力を大量消費し、その割には足元しか涼しくならない。

 又、冬はストーブなどガンガン焚いても、足元は寒いまま、ローカ、風呂、トイレ等は冷蔵庫の様に超寒い。

 でも、今の住宅性能は飛躍的に進歩しました。所謂、国土交通省が基準とする「次世代省エネ基準」、『夏涼しくて、冬暖かい家』昔と真逆の家が今は創れるのです。

高性能住宅3つのポイント

高断熱、防露、計画換気

 国土交通省の基準は元来昭和55年省エネルギー基準として登場し、平成4年に新省エネルギー基準に強化され、平成11年に次世代省エネルギー基準と再強化されたものです。

 世界の自然環境破壊を予防する為、国土交通省が定めた基準で、住宅において分かり易<言えば、家を魔法ビン状態にして、夏はエアコン等で冷やし、冬はストーブ等で暖めた室内温度を保温する事によって、省エネし、環境保全する事を目的とした、所謂、高気密、高断熱住宅のことを言います。

 当然家を魔法ビン状態にするということは、気密性(1u/auの隙間以内)、断熱性能が高いため、24時間計画換気(1時間/2回)の義務付けと、結露防止(断熱玄関ドアー、ペアガラス、換気等)が絶対条件となってしまいます。

外断熱、高耐久、高耐震

 少し解りづらいと思いますが、施工技術のポイントを少し説明します。

 省エネ住宅を創るポイントは、外気温度を室内に入れない構造にする事であります。その為に、外壁と屋根は2重構造とし、外壁と屋根全体に外通気を取ります。

 その外通気は、屋根が太陽で熱せられる事によって、ものすごい上昇気流が生じ、そのすごい勢いで、外壁の基礎の水切り部分から吸気し、屋根の棟換気から排気すします。

 特に、夏はこの状況で家の中は大きな木陰に居るようで、心地よい。また、外通気の上昇気流により壁体内の湿気も吸い取られるので、結露防止にもなり湿気の不快感を和らげる効果があります。

 そして、外通気に面するところは外断熱材パネルを使用する事によって、安定した断熱性能、遮音性能を確保できると共に、耐震性能も上がり「地震に強い家」となります。

 この外断熱パネルは構造躯体(集成材、LVL)と一緒にコンピューターで計算し、工場生産されるので柱間、梁、桁、土台の隙間が名刺1枚すら通らないほどピッタリ隙間がなく、気密性が取れます。

 それにこの工法は、在来工法と2×4工法を組み合わせた工法なので、とにかく地震に強い(高耐震)。さらに、耐震金物を組み合わせて使うので、耐久性も向上します。(高耐久)

シックハウス防止対策

 平成15年7月建築基準法のシックハウス対策が義務化されました。よって、シックハウス対策基準を満たしていなければ、役所の中間検査や完了検査は通りません。

@クロルピリホス

 これまでシロアリ駆除剤、防蟻剤として一般的に使用されてきたクロルピリホスを添加した建材は、全面使用禁止となりました。

 今までは、土台などに防蟻剤(カレー事件で有名)として使われたり、建材などに使われていた。我々ではその代わりに防蟻剤として、当初自然素材の炭を使用していたが、今はより効果のある自然素材のヒバ油(ヒバから抽出)を使用している。

A内装仕上材へのホルムアルデヒト等

 『ホルムアルデヒト発散建材』は第1種〜第3種と「規制対象外」の4種類です。それぞれホルムアルデヒト発散速度に応じて内装仕上として使用できる面積が制限される。

新基準 ホルムアルデヒト発散速度使用制限

[規制対象外」F☆☆☆☆0.005mg/uh以下危険度低いなし
[第3種ホ」F☆☆☆0.02mg/uh以下危険度高い床面積2倍
「第2種ホ」F☆☆0.12mg/uh以下危険度高い床面積3倍
[第1種ホ」等級なし0・12mg/uh超危険使用禁止

 F☆☆☆☆ フォースター(ホルムアルデヒトの発散が極めて低い製品)
 F☆☆☆  スリースター
 F☆☆   ツースター
と呼称します。

 第1種ホルムアルデヒト発散建材(旧」lsのEZ、」AsのFcZ)は使用禁止となり等級はありませんので呼称もありません。

 分かり易く言えば、、天井裏や壁下地材はF☆☆☆以上を選択し、室内の仕上材はF☆☆☆☆を選択しなければなりません。

 ハウスメーカーの営業マンはF☆☆☆☆を使用していることを、自信満々に「安全です」と言い張ります。

 しかし、本来はホルムアルデヒト発散建材を使わないことが、最大のシックハウス対策といえます。ですから、読者のみなさんも家具等を買うときなどはホルムアルデヒト発散建材の製品を家に持ち込まないように注意しましよう。



Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved