住宅・リフォーム.com家作りのポイント工務店にも利点はある

工務店にも利点はある

 今建築事務所や工務店が見直されてきています。

 最近雑誌には、[優良工務店をどうやって捜すか。良い工務店、悪い工務店の見分け方」などの記事が増えてきています。

 まるでフリーマーケットで、掘り出し物を探し出すように、自分達にあった工務店を見つけ出したいと、誰もが考えています。

 なぜ工務店が見直されてきているのでしようか。それはハウスメーカーの考える家づくりと、家を建てようと思う人達の考えに大きなギャップが出来ているからです。単純比較をすると、大手住宅メーカーの家は高いのです。

 もし展示場で営業マンに予算を聞かれて、2,000万円以下の話をしたら、急に態度が変わって、「後は自由に見て行って下さい。」と言われるか、[その金額では、倉庫みたいな家しか建ちません。」または、「近くの○○工務店がありますからそちらで、相談されたら、いかがでしようか」とくるでしよう。

 住宅メーカーの営業マンは、難しい客とお金の無い客は、相手にしないのです。

 そこへいくと、地域の工務店はどんな顧客にも対応にします。接客の面では住宅メーカーと雲泥の差がありますが、きちんと相談にのってくれることでしょう。

 もともと工務店は地域密着型の仕事をしているので、顧客に対しては、親身になってくれます。

 しかし、営業マンとしての訓練や、接客方法は、勉強もしたことがなく、泥くさいところがあります。ですから、住宅メーカーの営業マンと比ペると少し劣るように感じるかも知れません。

 しかし、良いところも多くあります。それは、トラブルがあるとすぐに対応してくれることです。

 工務店は仕事を請ける時、自分でアフターメンテナンスがキチンと出来る範囲でなければ請け負えません。なぜなら、すぐに駆けつけられないからです。

 また主治医のように一生の付き合いを願っているので、丁寧なメンテナンスが期待できます。

超簡単!信頼できる工務店の見分け方

 信頼できる工務店かどうか判断するためには、実際にその会社が建てた家や工事現場を見るのが一番です。

 それも営業マンの案内する家でなく、通りすがりで見かけたときに見学することです。突然見学にいっても職人さんが、気持ち良く対応してくれたり、現場がキレイに整理されているかが、ポイントになります。

 整理整頓がなされている会社では、顧客から預かった資材だということをよく知っています。

 一本の木でも大切にしていますし、ごみの分別も徹底され、ごみも資源のうちという認識がされています。

 また、住宅の性能や品質、さらに完成後のメンテナンスの重要性を認識している工務店は、そうした施主の気持ちを先取りしています。

 すでに入居者のいる住宅の見学会などを開催し、積極的に自社の住宅性能や実績をアピールしているのです。

 広告で、[おかげさまで○○棟達成」と大きく宣伝している会社があります。我々の会社はこれだけ実績があるのだと自慢しています。

 しかし家というのは数を売っていれば良い、というものではありません。あなた個人にとっては、何百棟やろうと、何千棟やろうと関係ありません。

 大切なのは、その何百棟の住宅で、どのくらいの人が満足しているのか。クレームはどのくらいあるのか。しかもそのクレームは、すペて解消されているのか。これが大事なことなのです。そのことをキチンと説明できる会社が本物です。

自由設計は本当に自由か

 多くの工務店は、自由設計または注文住宅をうたい文句に「お客さんの注文通りにおつくりします」をモットーにしています。ですから、設備器具や建具をどうするかなど、白紙の状態から検討できます。

 しかし、完全な自由ではありません。構造が木造と決まっているからです。住宅メーカーの場合も同じです。自由設計をうたっていても、その実、工法っまり、構造に関しては、やはりすでに決まっています。

 設備、仕上げも前もって用意されています。構造から建具、設備に至るまで与えられたものから選ぶのが、住宅メーカーで、建てる家の原則になっているのです。

 間取りについても構造、工法上の制約がありますからまったくの自由と言う訳にはいきません。

 例えば、三角型の部屋、吹き抜け、ロフトなどこの意味で住宅メーカーの家は、自由設計の家といっても、なんでも選べる百パーセント自由というわけではありません。

 本当の意味での自由設計をお望みなら、建築事務所へ行きましょう。

 どうしても構造工法から選択したいと思うなら、建築事務所では、木造在来工法、ツーバイフオー工法、鉄骨、「C造となんであれ対応できます。こだわりの住宅が思い通りに出来るはずです。

 ところで、欠陥住宅といえば、木造在来工法が、やり玉にあげられます。なぜ、木造住宅が、やり玉にあげられるのでしようか。

 それは、もっとも古くからある工法で、分かりやすい構造が、確立されているからです。間違いを指摘されやすいのです。

 ツーバイフオー住宅や住宅メーカーの家は、歴史が浅く、良い点悪い点が良く分からないので、どこが手抜きなのか、指摘のしようがないのです。

 だから分かりやすく体制の弱い工務店をターゲットにしているだけなのです。木造建築は、阪神大震災を境に大きく変わりました。

 行政、建築事務所、工務店3位一体となって強い家造りに取り組んだのです。そして死にもの狂いの研究の結果、改良に改良を重ね様々な工法や耐震金物などが開発されたのです。

代表的なところでは、

  1. 構造用集成羽を使い狂いのこない家をつくる
  2. 2階床に構造用合板を貼り地震の横ぶれに対応
  3. 土台と柱が、抜けないようにホールダウン金物を使用する
  4. 強い家づくりのための設計原則を確立する
などで、ビルダー工務店は、過去の失敗を教訓に生まれ変わったのです。

新法『品確法』施行により『10年暇庇保証』が業者義務付

 政府は一欠陥住宅」が社会問題化していることから、一住宅の品質確保の促進等に関する法律」〔略称・・品確法」(平成11年6月23日法律第81号)を平成12年4月に施行しました。

 これにより、全ての建設業者は消費者に対し、『10年の暇庇保証』を付けることの義務を負わされたのです。

 〔暇庇とは、解りやすく言えば欠点と言う意味。引渡を受けた後気がついた、解らなかった住宅の欠陥を言う、特に躯体の欠陥を言う。]

 〔躯体とは、主要構造部分の事を指す。具体的に言えば@基礎A構造体〔柱、梁、土台、桁、間柱、屋根垂木、野地板等B屋根C外壁D床」〕暇庇に係る保証内容は躯体に関し、解りやすく言えば@雨漏りA建物の傾き具合「垂直、水平等〕B給排水設備の漏水C電気系統の漏電、接触不良Dガスもれ等を10年間保証しなさいというもの。その他設備器具に関しては、各メーカーの保証期間がある。

 住宅会社は一般的にこの『10年暇庇保証』制度を第3社機関に委託して、消費者に対して保証するところが多い。委託することにより、消費者が例え入居後暇庇が見つかり、その時、住宅会社が倒産して存在していなくても、『10年暇庇保証』の受託機関は業者に成り代わって修理、修繕を無償で処理してくれます。

日本住宅保証検査機構(通称JIOージオ)03-3635-4143

JIOシステムの概要

対象住宅

 住居用の新築戸建ての木造住宅

検査員

 検査員は厳しい研修を受け、検定試験に合格しています。JIOの設計施工基準を厳正に検査します。

検査判定基準

 JIOは建築基準法および、住宅金融公庫共通仕様書、JIOの設計施工基準に照らして公正中立な立場で現場検査します。検査の結果、不具合があればやり直しを命じます。検査に合格するまで次の工程へは進めません。

JIOの設計施工基準

●基礎は鉄筋コンクリート造
●構造材は集成材もしくは乾燥材
●上記以外は住宅金融公庫仕様による

JIOのサービスの流れ

 地盤調査→現場検査→検査報告→暇庇保証

地盤調査

 まず地盤に適合した基礎の仕様を決定するために、最初にすべての現場の地盤調査を実施します。調査はスウエーデン式サウンディング試験等により実施されます。

 建築後に不同沈下などの重大暇庇が発生しないような基礎仕様を[基礎仕様計画書」として報告・提案されます。

検査報告書

 検査のたびに結果はお客様に全て報告書でお渡しいたします。

10年間保証

 検査に合格し保証書が発行された住宅はJIOに保証対象住宅として登録されます。住宅の引渡しから10年間は基本性能に関わる重要部分に暇庇が発生した時は、建築したビルダーが手直し工事を施しJIOがその費用の一定割合を負担します。

  1. JIOの保証は免責期間がありません。
  2. JIOの保証は物件に対して担保されます。期間内であれば住宅が譲渡・売却によって所有者が代わっても継続されます。廃業倒産による取庇保証万が一、ビルダーが廃業、倒産などで10年間の暇庇保証義務を履行できなくなった場合に、JIOが指定する別の登録ビルダーが代わりに暇庇を手直しします。
  3. 免責金額はありません。全て」10の負担で対応します。保証延長制度10年後の基本構造部分の見直しと必要手直し(有料)を実施し検査に合格した住宅は10年間の保証延長が出来ます。更新回数に制限はありません。



Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved