住宅・リフォーム.com住宅をリフォームする住まいの現状を確認

Step1 住まいの現状を確認しましょう

 リフォームは、住まいの修繕をするだけでなく、住まいの不満を解消するためやライフスタイルの変化に対応するためなど、理由によってリフォームする場所が違ってきます。何のためにどこをリフォームするかを明確にするために、まずは自分の住まいの現状を知ることが重要です。

 リフォームする理由や自分の住まいの現状を知って、後からここも修繕しておけばよかったということがないように、一度に効率的なリフォームができるようなプランを立てましょう。

リフォームする理由

 住んでいるうちに住まいは老朽化し、壁紙が汚れたりはがれたり、外壁にひびが入ったり、雨漏りがしたりと修繕が必要になります。また、水回りなどの設備の故障により、修理や取り替えが必要になります。

 傷み具合や故障など目に見えた症状があればリフォームするかどうかの目安になりますが、見た目ではわからない壁の内部や配水管などについては、点検する時期と取り替え時期の目安を参考にしましょう。

 築年数や過去のリフォームからの経過年数より、こちらを参考にしてください。

点検・リフォーム時期の目安

部位
一戸建て
マンション
点検時期の目安
取替え時期の目安
水栓器具
1年ごと 10〜15年位で取り替えを検討
(3〜5年でパッキング交換)
給水管・排水管
15〜20年位で全面取り替えを検討
キッチンシンク、洗面設備
トイレ
ガス管
給湯器
10年位で取り替えを検討
浴室
  10〜15年位で全面取り替えを検討
屋根 瓦葺き
5〜6年ごと 20〜30年位で全面葺き替えを検討
屋根用化粧スレート葺き
4〜6年ごと 15〜30年位で全面葺き替えを検討
金属板葺き
2〜3年ごと 10〜15年位で全面葺き替えを検討
(3〜5年ごとに塗り替え)
雨どい(塩化ビニル製)
7〜8年位で全面取り替えを検討
軒裏(軒裏天井)
15〜20年位で全面補修を検討
外壁
2〜4年ごと 15〜20年位で全面補修を検討

ライフスタイルの変化

 時が経ち、住み始めた頃の家族構成や暮らし方に変化があった場合、その変化に応じて住まいも変化する必要があります。

 例えば、子供が増えたので子供部屋を増やしたい、子供の結婚を機に二世帯住宅にしたい、居住者が高齢になったのでバリアフリー住宅にしたいなど、それぞれのライフスタイルの変化に応じた住まいにリフォームする必要がでてきます。

現状への不満

 暮らしているうちに住まいへの不満が出てきた場合、それに対応するためのリフォームが必要になります。もっと広い浴室にしたい、収納が足りない、足元が寒いので床暖房にしたいなどの要望がある場合は、傷みや故障がなくてもリフォームする大きな理由となります。

住まいの性能の向上

 住まいが地震に耐えられるかどうかの不安やエアコンなどの光熱費が異常に高くて困る、室内の段差につまずく、空き巣に対する不安などの問題がある場合は、耐震性、省エネルギー性、バリアフリー、防犯性など住まいの性能を向上させる必要があります。

 まずは、住宅性能表示や建築図面から現状の性能はどれくらいなのかを知り、足りない性能について補強しましょう。

住まいの現状を点検しましょう

 把握している建物の傷みや設備の故障だけでなく、住まいの現状を知ることが必要です。現在の住まいの現状を知り、どこをリフォームすればいいのか検討しましょう。



  リフォームのプランを立てる   リフォーム費用の目安、資金計画の目安を立てる   依頼先を探す・見積もりを依頼する・契約する   資金計画・返済計画を決める   リフォーム工事前後に関する注意事項   引き渡し後の注意事項
Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved