住宅・リフォーム.com住宅をリフォームする契約時の確認

Step17 契約時のチェックポイントを確認しましょう

 住宅を購入・建設する時と同じように、リフォームの場合も契約は重要です。リフォームの契約とは、誰がどこの家をいつからいつまでに、いくらでどんな工事をするかを書面で約束することです。

 トラブルを防ぐために、小さな工事でも工事前に書面で契約しましょう。契約は、署名、捺印する前に、工事請負契約書だけでなく、添付書類も丁寧に確認しなければなりません。

 契約後に工事内容に変更があった場合は、そのつど変更内容を確認し、工事内容変更合意書により書面で残すようにしましょう。

契約時の書類

 契約時に必要な書類は、工事請負契約書、契約約款、見積書(工事費内訳がない場合は、明細書も必要)、仕上表、設計図面です。

 工事請負契約書は、工事費、工期、支払い方法などが書かれ、施主、請負者がそれぞれ署名、捺印することにより契約が成立します。

 契約約款は、工事請負契約書に書かれていない重要事項が書かれています。

 見積書、明細書、仕上表、設計図面は、それぞれ、見積もりの時期からプランが変更されていれば、契約時の最終プランの内容の書類をもらいましょう。

 書類が揃っていなければ、依頼先に請求しましょう。

工事請負契約書の確認事項

 工事請負契約書には、重要なことがたくさん書かれています。同じ内容の工事請負契約書を2通作成し、施主と請負者とで1通ずつ保管します。

 工事請負契約書の確認ポイントは、次のとおりです。不明な点があれば、担当者に聞きましょう。

  1. 工事請負契約書の工事費や工事内容などと最終プランの見積書の内容が同じになっているか
  2. 工事の着工日、完成日がはっきり記入してあるか
  3. 工事費と消費税が別で書かれ、支払い方法、期日が打ち合わせで決めたとおりになっているか
  4. 請負者である依頼先の会社の社名、住所、担当者が正しく書かれ捺印されているか
  5. 契約日は契約した日になっているか
  6. 工事請負契約書はペン書きになっているか

契約約款の確認事項

 契約約款は、細かい字で難しい言葉が並んでいるので、つい目をそむけたくなりますが、必ずじっくり読んでください。

 契約約款には、契約書に書かれていない契約に関する重要な決めごとが書かれています。施主に不利な記載がないか注意しましょう。

 確認ポイントは次のとおりです。請負契約書同様、不明な点があれば、担当者に聞きましょう。

  1. 工事の追加、変更、中止があった場合の補償はどうなっているか
  2. 火災保険や建設工事保険に加入しているか
  3. 工事が遅延したり、支払いが遅延した場合の延滞利息や違約金はどうなっているか
  4. 第三者に損害を与えた場合の負担はどうなっているか
  5. 紛争が生じた場合の処理方法はどのようになっているか
  6. 工事完成後に見つかった欠陥の修理や賠償などの保証の範囲と期間はどうなっているか(瑕疵担保保証)
  7. アフターサービスはどうなっているか

 リフォームの場合、工事完成後に見つかった欠陥についての保証(瑕疵担保保証)は、法律で定められていません。請負業者によって、それぞれ保証内容は異なりますので、担当者に確認し、保証内容は書面に残しておきましょう。

工事内容変更合意書とは

 リフォームでは、工事を開始してからプランの変更や追加工事が出てくる場合があります。その場合、現場で作業している人ではなく、請負業者の担当者と話し合うことが必要です。

 棚を一つ追加するぐらいサービスでしてもらえると思って棚を付けてもらったら、料金が発生し、後から請求書が届いたということもあります。

 必ず、変更や追加工事がある場合は、現場で口約束ではなく、工事内容変更合意書を作成して書面にしましょう。

 記載内容は、変更・追加工事項目、追加料金、変更・追加に伴う工期の延長、支払い方法など請負契約書に書かれている項目とほぼ同じ項目です。



  リフォームのプランを立てる   リフォーム費用の目安、資金計画の目安を立てる   依頼先を探す・見積もりを依頼する・契約する   資金計画・返済計画を決める   リフォーム工事前後に関する注意事項   引き渡し後の注意事項
Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved