住宅・リフォーム.com住宅をリフォームするボーナス払い

Step22 ボーナス払いの利用は慎重に検討しましょう

毎月払いを基本にしましょう

 ボーナスは、景気や勤務先の業績の影響を大きく受けるので、ボーナス払いを前提とした返済計画を立てると、将来、返済が苦しくなる可能性があります。

 しかも、ボーナス払いの返済月は、毎月分とボーナス分の両方を返済することから、返済額が高額となり、一度返済が遅れると、正常な状態に戻るのも大変です。

 毎月払いを基本とし、ボーナス払いの利用は慎重に検討しましょう。

ボーナス払いを利用する

公庫融資、借入額500万円、年利3.0%、返済期間20年、元利均等返済の場合

ボーナス返済割合 毎月返済額 ボーナス返済額 総返済額
0% 27,729円 0 6,655,083円
10% 24,956円 16,713円 6,658,090円
20% 22,183円 33,427円 6,661,118円
30% 19,410円 50,140円 6,664,158円
40% 16,637円 66,854円 6,667,169円

ボーナス払いを利用する場合は返済期間を短くすることを検討する

 毎月払いを基本としつつも、安定的なボーナス支給が見込める方の場合は、ボーナス払いを上手く利用することを検討するのも一つの方法です。

 ボーナス払いを利用すると、毎月返済額が同じでも返済期間を短くすることができ、その結果、総返済額を少なくすることができます。

 公庫融資をご利用の場合、次表のケースのように、当初、最長の返済期間よりある程度短い返済期間でローンを組んでおけば、万一、ボーナス支給がなくなってボーナス月の返済が苦しくなったときでも、ボーナス返済を取り止めて、当初利用可能だった最長の返済期間まで返済期間を延長することにより(返済方法変更手数料が必要となります。)、同程度の毎月返済額で返済を継続することができます。

返済期間を延長する場合

公庫融資、借入額500万円、年利3.0%、元利均等返済、最長の返済期間20年の場合

(1)当初はボーナス返済を利用し、返済期間15年に設定

ボーナス返済割合 返済期間 毎月返済額 ボーナス返済額 総返済額
10% 15年 31,076円 20,819円 6,218,181円

6年目からボーナス払いを止めて、返済期間を残り10年から11年(通算16年)に1年間延長

ボーナス返済割合 返済期間 毎月返済額 ボーナス返済額 総返済額
10% 5年 31,076円 20,819円 2,072,750円
0% 11年 31,837円 0円 4,234,308円
  6,307,058円

結果、借入当初とほぼ同額の毎月返済額での返済が可能に。



  リフォームのプランを立てる   リフォーム費用の目安、資金計画の目安を立てる   依頼先を探す・見積もりを依頼する・契約する   資金計画・返済計画を決める   リフォーム工事前後に関する注意事項   引き渡し後の注意事項
Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved