住宅・リフォーム.com住宅をリフォームする工事費用の注意点

Step7 「リフォーム費用=工事費用」ではありません

リフォームに必要な資金

(1) 頭金(もしくは、工事費用) リフォームに必要な自己資金(現金)
(2) 諸費用
(3) 予備費
(4) 耐久消費財購入費
(5) 不測の事態、ライフイベントへの備え

 リフォームのための費用は、工事費用、諸費用、予備費、耐久消費財購入費の合計金額が必要となります。

 「リフォーム費用=工事費」と誤解して、契約してから諸費用が必要であることに気づいたり、リフォーム後の部屋に合った家具やカーテンを購入する費用が必要であることに気づくなどの失敗談はよくある話です。

 リフォーム工事費が自己資金(現金)で足りると思っていても、諸費用や耐久消費財購入費などがかかり資金が足りないという事態になってしまいます。自己資金がリフォーム工事費しか準備できない場合は、資金が足りないと考えましょう。

 また、長期にわたる返済の途中には、病気やケガ、転退職など不測の事態によって収入が減少する可能性もあります。そのような事態に備えて、最低でも半年分の生活費がまかなえる程度と当面のライフイベントのための貯蓄は残しておきましょう。

頭金は最低でもリフォーム工事費の2割用意しましょう

 上記で述べたリフォーム工事費や諸費用などが自己資金で足りない場合は、リフォームローンを借りることになります。公庫のリフォームローンの融資限度額は、工事費の8割ですから、頭金は最低でも工事費の2割必要です。

 工事費の8割を超える融資をしてくれるリフォームローンもありますが、家計に占めるリフォームローンの返済負担率が高くなってしまいます。頭金は多ければ多いほどリフォームローン借入額が少なくなるので、総返済額が少なくなります。

諸費用や予備費用はリフォーム工事費の2割程度用意しましょう

 頭金の他にローン手数料や税金などの諸費用がかかります。また、リフォーム工事中に契約したリフォーム工事以外に、補修が必要な工事や追加しなければならない工事がでてきます。

 諸費用として工事費の1割、追加工事の予備費用として工事費の1割、併せてリフォーム工事費の2割程度を目安に見ておきましょう。

 税金については、Step23で詳しく説明します。

耐久消費財購入費も必要です

 住宅をリフォームすると、新しい部屋に合わせてカーテン、家具、エアコン、照明器具などの耐久消費財を購入する方も多いようです。これらの購入費も自己資金として準備しておく必要があります。

 なお、次表は、公庫融資を利用した住宅取得者に対して消費実態の調査を行ったもので平均的な金額です。

購入する比率の高い品目

順位
品目
比率
平均購入金額
1
カーテン
72.0%
14.3万円
2
ルームエアコン
59.9%
22.9万円
3
照明器具
57.0%
9.1万円
4
じゅうたん、カーペット
54.0%
3.6万円
5
応接セット
50.7%
13.4万円
6
ベッド、ソファーベッド
45.2%
12.7万円
7
ダイニングセット
40.7%
11.2万円
8
テレビ
39.3%
17.0万円
9
植木、観葉植物
35.7%
5.3万円
10
ふとん
33.6%
5.9万円

※「平成15年度 公庫融資利用者に係る消費実態調査報告」より



  リフォームのプランを立てる   リフォーム費用の目安、資金計画の目安を立てる   依頼先を探す・見積もりを依頼する・契約する   資金計画・返済計画を決める   リフォーム工事前後に関する注意事項   引き渡し後の注意事項
Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved