住宅・リフォーム.com法人概要設立の趣旨

設立の趣旨

非営活動法人/

 設立のきっかけのような理由から、新潟県の新潟市・三条市・燕市・長岡市を中心として、生活コーディネーターになると決めました。

 内容は、出産・育児に関わる助成金・補助金や、病院、検診などの情報提供からスタートしたのですが、出産・育児に関る情報だけでは、本当の意味で育児が楽になる訳でもなく、生活が豊かになる訳でもないと気付きました。

 その為、生活に関わるあらゆる情報を提供し、必要ならばそれをサポートする必要性を感じました。個人での活動にも限界を感じた為、非営利活動法人である、の設立に繋がりました。

ボランティアと利益追求

 最終的にはここから副次的な産業が派生して、収益(利益ではありません)が広がるようにしたいと思いますが、スタートは無償のボランティア活動でした。

 日本では【ボランティアは無償】という考え方が一般的ですが、ボランティアを無償で続けていたら裕福な方以外は生活ができなくなってしまいます。ボランティアであっても、労働に対する対価をしっかりお支払いできるような法人を目指します。

 また、日本では女性が出産を機会に退職し、復帰後も時間の制限などにより、やりたいことをやれない状況が多々見受けられます。

 例えば、ホームページを作成したいけど、ノウハウがない方に対しては、LRIが業務を請負い、その制作を育児の真っ最中の会員が自宅で限られた時間の中で制作を行う…という流れを作っていきたいと思います。

 当然会員の方には教育の機会を与え、ある程度の会員と運営資金が集まった時点で、その教育自体も店舗展開していきたいと思っています。

団塊世代と子ども達

 将来的にはボランティアによる登下校時の安全管理や、店舗内でこども向けの学習塾やスポーツ教室も運営したいと思っています。

 団塊世代の話題がTVなどでも騒がれています。団塊世代の方は再就職者も多いでしょうが、何もすることが見つからずに時間を持て余す…という方も多いと思います。

 日本の高度成長を支え、仕事を中心に生活してきた方達ですから、仕事以外の目的を見出すことが出来なくても当然だと思います。

 そんな方達が、自分の得意分野を活かして、子ども達や地域の方々に技術や知識を伝え、こどもの交流や地域の活性化に繋がってほしいと思います。



Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved