住宅・リフォーム.com木の種類と特徴ナラ

ナラ

ナラを見る

ナラ

 ナラにはコナラミズナラなどいくつかの種類があリますが、木材によく使われる樹木はミズナラです。

 ミズナラは本州、四国、九州の深山や北海道で見られ、湿った沢筋よりは、養分がゆたかで日当たりの良い、やや乾燥した土地で青ちます。

 ブナやトチ、力工デ、カバなどと共に混生していますが、ミズナラが広い面積を占めている場合もあります。

ナラを知る

 材としては硬くて重く、扱いにくい木ですが、荒々しくも美しい木目が特長です。

 ナラは特にヨーロッパで評価が高く、「キング・オブ・ザ・フォレスト(森の王様)」とも呼ばれています。

 かつて日本では薪炭材としての利用が主でしたが、最近は家具材として最適との評価が高くなり、椅子やテーブル、食器棚などに広く使われています。



Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved