住宅・リフォーム.com木の種類と特徴ヒバ

ヒバ

ヒバを見る

ヒバ

 北は北海道南部から南は四国、九州にかけて生育しています。

 ヒバは樹木のときにはアスナロと呼ばれています。

 アスナロや変種のヒノキアスナロ、アテを木材にしたとき、ヒパと総称されます。アテと呼ばれる木はヒノキアスナロと同種で、能登地方で植林されています。

 アスナロはヒノキのようなうろこ状の業ですが、ノキの葉より大振りなので見分けやすいでしょう。

ヒバを知る

 ヒバの特長は虫や腐朽菌にめっぼう強い点が挙げられます。

 これはヒノキチオールという殺菌性の強い成分を含んでいるためで、シロアリに対しても強く、建築の土台や柱材、軒廻りなどに使われています。

 耐水性に優れるという特長もあり、浴室やベランダなどに用いられます。

 そのほか樹皮は、火縄や縄としても使われていました。



Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved