住宅・リフォーム.com木の種類と特徴セン

セン

センを見る

セン

 センの木は、山で育つ時はハリギリと呼ばれています。北海道から九州まで生育していますが、東北から北海道に多く見られます。

 養分ゆたかな温地に生育するため、北海道の開拓時代には開拓地として適した土地かどうかの判断の基準にもなりました。

 天狗のもつウチワのような葉が特徴で、その葉は教に薄い黄色に色つきます。鋭いトゲに覆われた幹や技も特徴です。

センを知る

 ニセケヤキと呼ばれるほど木目がケヤキに似るのですが、軽くて自く控えめな美しさがあります。

 その白さから、海外向けにセンのことを「strong>ホワイトアッシュ」として売り込んだ時代もありました。

 センの材のおとなしさを活かして、箪笥などの家具や建具、お盆や菓子器などの器類と、あらゆる木工品の材として使われています。



Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved