住宅・リフォーム.com木の種類と特徴センダン

センダン

センダンを見る

センダン

 本州の関東以西から四国、九州に生育する木で、街路樹や公園でよく植えられています。6月頃になれば、ほのかに香る直径2cmほどの薄紅色の花が咲きます。

 花はすぐに落ちて果実がたくさんなり、秋には淡黄色に熟して冬まで残ります。

 高さは5〜15mで、大きいものは25mになるものもあるので、これらを目安に身近な街路樹で探してみるといいでしょう。

センダンを知る

 センダンは同じセンダン科のチャンチンという木と材質が似ていることから、一緒に取り扱われることもあります。

 ともに赤みのある材ですが、センダンよりチャンチンの方が赤みが強いのが特徴です。

 縦方向の切断には苦労しますが、色が特徴的なので小物や家具などに使われます。しかし、最近では入手しにくい材料となっています。



Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved