住宅・リフォーム.com木の種類と特徴マツ(松)

マツ(松)

マツを見る

マツ

 北は本州の青森から南は九州の屋久島まで生育しています。

 一般的に海岸沿いに育つ自影青松の時はクロマツ、山野に良く見られるのがアカマツコーヨウマツヒメコマツという傾向があります。

 共に強風、乾燥、荒地といった過酷なところでも育つ一通強な木です。庭木や防風樹として身近なマツは、「日本三景」でも目立つ存在です。日本人好みの木と言えるでしょう。

マツを知る

 材はやや硬く弾力があり、特に木造建築で重宝され、によく使われています。

 これは曲げに強いマツの性質をうまく生かしており、マツ独特の円弧を拍いた材が屋根からの圧力をうまく分散させるのです。

 白川都の「合掌造り」にもマツとして使われており、その他にも床材などの室内装飾材、器、家具に使われています。



Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved