住宅・リフォーム.com木の種類と特徴ヒノキ(檜)

ヒノキ(檜)

ヒノキを見る

ヒノキ

 ヒノキは、北は本州福島県あたりから生育し、最南端は鹿児島県ですが、九州以南ではやや少なくなります。

 温度が低いところ、土壊の浅いところでも生育していて、山の中腹や尾根筋によく見られます。

 ヒノキの多くは人工権裁によるもので、植裁の多いスギと同様、都市部近郊の山や森でも見ることができます。

 ただし、ヒノキと見た目がよく似た木にサワラがあるので注意が必要です。

ヒノキを知る

 とても香りのよい、淡いピンク色の材です。

 粘りと強度があり、削った時のつやもよく、そのうえ虫や水にめっほう強いのが特長です。

 そのため神社や仏閣用の材、浴槽や福など水周りの材に重宝されます。

 成長がスギに比べて遅いこともあり、ヒノキは高紙建築の代名詞となっていて、住宅の描造材や装飾全般に幅広く使われています。



Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved