住宅・リフォーム.com木の種類と特徴クリ(栗)

クリ(栗)

クリ(栗)を見る

クリ

 北海道から屋久島まで日本の各地に生育しています。

 湿った深い土壊を好み、ブナやミズナラなどと共に森を形成します。「桃栗3年、柿8年」と言うように、クリの木は成長が早いという特徴もあります。

 クリと言えば、とげのあるイガに包まれた甘い実が秋の味覚としてよく知られていますが、古くは縄文時代から食され、大切な食料源となっていました。

クリ(栗)を知る

 材としては、力強さと落ち着いた風合いがある材です。

 樹木の時には虫害を受けやすいのですが、材になると逆に水にも虫にも強いという不思議な特長があります。

 建物の土台として最も適した材といわれ、かつては鉄道の枕木として大量に使われていました。

 くっきりとした木目が美しく、テープルの天板などに用いると趣があります。



Copyright(c) 2008,LRI.. All Rights Reserved